karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会










    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



83の母が、「食せる」なもの。


母の調子が、ちと悪く、「気力落ち」していて、様子を見にいくことにーー。
「どこか、食べに行こうか?」と聞いても「出かけたくない」とのこと。
で、昔を思い出したらしく、玄米のおいなりさん食べたい、ということで、
こちらを求めて、東京に。

で、11時ごろには、実家に。
5月連休にもあっているのだが、そのときは、みんなと一緒で、「ゆっくり」話はきいていない。
で、今回は、お弁当たべなから、「ゆっくり」とおもいきや・・
長女がいたこともあり(となりの昔の母屋を借りてすんでいる)、・・・なんか、「元気」スイッチがはいったようで、
「ラ-メン」を食べたい・・といいだした。
実は・・ラ-メンは私は・・好きではないのだが・・・
たしかに、「一人ではぜったいいけないおみせ」という母のことばに・・
「いいよ」

と・・・長女のくるまで、でかけた。(最近、車をかった。これで彼女のふところは火の車なのだが)

そしたら・・テンションがあがったのか・・・急遽、
「いろは鮨」でおすしがいい・・

こちらは、基本、カウンタ-だけの、かなりの高級鮨なのですが・・
で、ランチタイムもあるのですが、基本予約が必要。

けれど、まあ、「だめもと」でいってみたら・・

「だいじょうぶですよ」とのこと。入ることに。

と書くと、このお鮨屋さんに、しょっちゅういっているようにおもうけれど、
私は「初めて」。
ここは、弟が若い頃、ちと縁があって、このお店をしり、そして、母をなんどか連れて行ったのでした。

母、「ご主人、おひさしぶりです。・・覚えていますか?○○です」
とあいさつするが・・
ご主人、当然覚えていない・・とおもわれる。なぜなら・・・20年ぶりくらいのはずだから。

けれど・・
「あの頃のおすましがどうしてものみたくて」
と母は、はなしはじめた。
・・・まあ、よく覚えていること。
20年前の話だけれど、ご主人、母のことは覚えてないけれど、20年前の味を覚えていてくれたのが、うれしいらしい。
あの頃は「一人できりもりしていました。今は、おかげさまで、息子と、もうひとり手伝いがいます」と・・昔話をしてくれた。

カウンタ-にすわり・・
母のすきなもの・・5つ注文。
ご主人、「ひとつずつですね。で、半分にきったほうがいいですね」
そのこころ遣いがうれしい。

さてと私達は・・品書きがくる。普通で2200円、いろは鮨が3300円、でおまかせは5800円。
もちろん、母のたのむ、「おすまし」は特別注文で・・値段わからん。

まあ、母が10000円もってる、というし、私ももってるから、だいじょうぶだろう・・
で、長女は当然2200円とおもったら、ちゃっかり、3300円。なら、私はも3300円。

先に結論言いますと、合計で、12000円でした。
2000円、私、支払う。・・まあ、いいか。
え、ご馳走しないのかってーー、いや、予算が、、ありまして。
カード使えないしーーきかなかったけれど。

この前、母と話していて、基本、ご近所さんのまあ、噂話で、長女はこれをきくのがいやだったらしい。
私も、昔はいやだったが、今は「近所の噂話ができるくらい元気なら、それもよし」とおもっていたのだが・・
(なんせ、こちとら、近所の噂話し、するほどの、お付き合いが、、あまりない現状で、ある意味、羨まし雲見温泉最近おもうのです。)

今回は、ご主人が、昔の話をしてくれたこともあるのだけれど・・
たわいのない、世間話を、みんなで楽しくできた。
「場所の力」「カウンタ-ト-クの力」は・・・すごい・・と再認識。

こちらに気をつかわせることもなく、なにげない、ちょっとした老眼の話とかで、・・場がなごむ。
長女も「母に、祖母につきあった」というのではなく、「いい時間をすごせた」と・・いっていた。
たしかに「いい時間」だった。「きりきりしない時間」だった。

お寿司は・・こちら宇都宮でたべるものとは・・格段の差あり。(お昼にこのお値段でたべたことないけれど)
宇都宮の場合、「お米」に自信があるので、基本、お米が主張している気がして、それはそれでおいしいのですけれどね。

車ででかけた・・といっても、ただ、母の足が悪いだけで、近所のお鮨やさんなんです。
ただ、隠れた名店であることは間違いないんですが・・

このご主人だからこそ、40年お店が続いているのでしょう。たぶん、息子さんがあとつがれるのでしょうね。

また、行きたい、と母はいってる。今回行ったことで、「あいているときは、だいじょうぶですから、予約なしでものぞいてください」といっていただけた。

そうそう、お店に入ってから・・「何気なくきてしまったから、こんな普段着でもうしわけない」・・と母がいう。
・・まあ、そんなにひどい格好ではないのだが・・

というか、次回から、オシャレしてきても、もう、素性しれてるから、しょうがないし。
オシャレしてこないとはいれない状況は、「込んでる」ということで、ふらっとははいれないから・・・

でも、近所でも、「おしゃれ」していこう・・・と思ったのはいいことかな?

ちなみに、この後、買い物があり・・はい、カ-ドで、いろいろな食料品、「購入」してあげました。
・・・
話は、こちらのふところになりますが、
行き、帰りとも、ロ-カルでいったけれど・・つかれたな。
で、おみやげもありの10000円はなくなり、カ-ド買い物も10000円ぐらい。合計 20000円なり。
スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://choro01.blog20.fc2.com/tb.php/1366-2b9d75d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)