karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



手紙

手紙
せつなすぎる。わかるがせつなすぎる。そして、東野圭吾・・うますぎる。
強い人間 と弱い人間がいるんだろうな。
なんとなくうまくいく人と、なぜか歯車がまわり損ねてしまう人と、いるんだろな。

だから、せつなすぎる。

今の「幸せ」を大事にしていかないと、ばちがあたる。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


漂いながら

漂いながら

豪華客船飛鳥で、世界一周しながら、人生をふりかえる・・・豪華なもんだ、いいきなもんだ・・ともおもうが、いいなあ、とも思うし・・

これは「お金」の話し。一方で、船旅100日を夫婦でさてと、のんびり過ごすことができるか・・これは、なんだかんだいって「忙しい」ことを楽しんでる自分をふりかえっての話し。

なんか、すごく冷静にこの本を読めた。
そう、人生、夫婦、なんていろいろあるものなあ・・・。とおもいながら・・・。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


サイケ

saike.jpg
作者「姫野カオルコ」は、同じ世代の人だ。で、書かれたのは、彼女が若い時ではない。2000年だ。40代前後のはず。それにしても・・・こういう文体で、いろいろなことを「はきだせる」というのは・・・すごい。自然体というより「動物としての人間らしい」生活感、がただよう。
が、ちくちく、とささるものがあるのがまたすごい。

-------------------------------------------
女の人って、いばれあなたは社会人にならないといけません、というプレッシャーがない中で、赤ん坊から政治になっていくじゃないですか。でも、男はちがうでしょう。赤ん坊のときから、いばれあなたは社会人にならないといけません、ぜったいにです、いいですか、ぜったいにです、というプレッシャーのことで成人 になる。
-------------------------------------------- モーレツからナイーブへ より抜粋

これって、今の『若い人』達もそうおもってるのだろうか?いや、すくなくとも、うちの娘たちには、私そなんだかんだいいながら、そう接してきた。どこかに「だって女の子でしょ」というのがあるから。


それって、まちがいなのだろう?最近思う。『専業主婦』であることは、たしかに『ぜいたくなこと』だろうけれど、『専業主婦』であることは、社会的にみると、依存しすぎている」「守られ過ぎている」ことでありなにか悪いことのように感じるこの頃である。が・・そんなに悪いのでしょうかねえ・・。一生懸命子育てしてきてるはずなんだけれど・・。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌