karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



山下洋輔コンサ-ト

山下洋輔ソロコンサ-トにいっててきました。とあるちっちゃなホ-ルでひらかれたもの。
こんなまじかで、彼の魔法の「手」をみれるのはすばらしいことです。


相方さんは、「生で聞くの30年ぶり」と若しころの自分とピットインをおもいだしていたようです。
私は・・著名なジャズピアニストのソロははじめてかもしれません。

今は「フリ-ジャズ」という言葉はもうなくなっってしまったのかな?
たぶん、そんなにはやってないのでしょう。でも、「山下洋輔」というと、そのイメ-ジが強い。
「ボレロ」なんぞ、まさにそのためにあような曲。
すごい曲と彼はであったんだな・・と感心。

よかったです。
ナマピアノ・・いいですね。

なにが、よかったか?クラッシクのコンサ-トは何度かいってますが・・め

まあ、ちっちゃなホ-ルだったから、「身近」だったこと「迫力」がすごかったこと・・
そして、何よりも・・・「オレはジャズマンだぜ」と・・・たくさんかじられたこと。

自由に楽しんでる・・・やっぱり・・ジャズっておもしろい。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


ひさしぶり読書

「とるにたりないもの」江國香織・・・独特の感性は感じる。だがなあ・・・。ちょっと異世界かな?作家が若いからかな?新聞でおみうけしたお姿が、ちょっと庶民的でなかったからかな?

「あなたはオバサンと呼ばれてる」内館牧子・・・「おばさん」でいいじゃないですか・・と思うこのごろ。だめですかねえ・・?

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌


そうめんかぼちゃ???だそうです。

地元野菜をうってるところにいった・・しょっちゅういく・・最近の農家の方々、いろいろな野菜に挑戦してておもしろい。で「そうめんかぼちゃ」なるもの発見。
何ですか?
「かぼちゃがそうめん」になるんですよ。

うそ---。で、言われたとおりゃってみた。
なった。
味は、からくないだいこんのつまの黄色いやつ・・ッというかんじ・・きれい・・

え?作り方?・・は、私の掲示板にきてくだされ・・これからゆっくりご紹介。

そうそ、新聞に、直木賞をとった、「作家さん」の娘さんたち二人の対談がのっていた。江口さんと井上さん。作家さんの娘さんもたいへんだ。
夏休みの日記で「今日は花火をしました」とかいたら、「日記は今日のことかくんだから、今日はではじめるのはおかしい」としかられたそうな・・・

そうかな?
わたしだったら、ぜったい「今日はそうめんかぼちゃをたべました。びっくりです。かぼちゃがつめたいおそばになるんです」とかくけどなあ・・・とかくから、作家にはなれないのか。

いろいろなお野菜の「食べ方研究」で、理科研究に出展はしてもらえないかもしれないけれど、夏休みの「自由研究」にはなりますよ。
めずらしところで、コリンキ-、このそうめんかぼちゃ、ズッキ-ニ(はめずらしくないか。)で、むかしなつかしい、まくわ瓜なんかも最近でてますからねえ・・・。(昭和回顧かな?)

DSCN1224.jpg

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ


川越名物?

「グルメ」というタイトルはあわないかもしれないけれど・・まあいいか。
川越名物、駄菓子のおせんべいでございます。なぜ、「おしん」せんべいというかしりませんが・・

味は・・はい、しっかり「こげ」の味がして、にがいです。たしかに「炭火」でやいてるかも。
評判としては、「いまいち」ですが「おもしろい」とのこと。で、わざわって、バタ-(マ-ガリンです。)をいれて食べた子供もおります。(ソ-スのほうがよかったかも)

まあ、一度はおためしあれ。
「川越」といえば、「さつまいも」でも、我が家では「うなぎ」でございます。このお盆、またわざわざ「川越」にうなぎ食べに行く予定です。

この調子だと、この冬は、わざわざ浜名湖のうなぎ食べにいくかも。

でも、今、浜名湖でうなぎはとれず、ほとんど、九州産だとか・・
ということは、九州まで食べにいく?

けれど、関東と関西とでは、うなぎの料理の仕方がちがうはずなんだけれど・・・・

おっと、今回は「川越駄菓子」の紹介でした。
DSCN1217.jpg

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ