karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会










    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



2月のからく

2月のからく・・
実は今年はじめてでした。そしたら・・あららだれもお客様がいない。
ということで、はい、マスタ-ご夫妻に聞いていただきました。

ディズニ-シリ-ズで、テ-マは「愛」
そしてソノアトハチャイコフスキ-で、ねむりの森の美女と白鳥でおしまい。

そのあと、ゆっくりコ-ヒ-と手作りマフィンをいただいて帰ってきました。
この間やく1時間30分。だれもお客様こず。

あらら・・。まあいいか。

なんかピアノがポンポンはねる感じだったのですが?乾燥のせい?それともただの練習不足かな?
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


今週読んだ本

雨にもまけず粗茶一服 村松栄子
お茶のことをしってないと、ちょっと読みにくいかも。かといって、自分もちょこっとしかしらない。でも、そのちょこっとで・・この本おもしろく読めた。ああ、またお茶ならいたくなりました。

四月ば-か 松久淳 田中渉
さらっと読めるいい?というわけでもないけれど、話です。なんか読み終えたあとの印象がとてもタイトルとあってていいかな?
ホワイトグッドバイ 松久淳 田中渉
ありえない殺人事件のむすびつきなんだけれど、なんかばかばかしいんだけれど、やはりさらっと読める。この「さらっと感」が好きです。

げつようびのこども 広谷鏡子
芥川賞候補にもあがった作品。不登校が問題になってるいま、けっこう「しんどい」作品かもしれない。あとがきで、「文句なくいい家族」け「しあわせな人間」が何で小説をかくのはてなと聞かれたことがある。という。・・たしかに『文句なくいい家族』でこんなに切り口のするどい小節が書けるとは・・小説家とは不思議だ。

蒼い瞳とニュア-ジュ 松岡圭裕
不思議な話。でも、ほっとする話でもある。ちょっと話が私には「若い」かな?

忘れないと誓ったぼくがいた 平山瑞穂
娘がすきそうな作品。淡い恋・・に近いお話。でも胸がしゅんとなって。「若い」ってなんかいいな。

あまんじゃく 藤村いずみ
いろいろな事件がかかれてる。どれももおもしろい。殺人事件だから、「気分転換」とはいえないけれど、こきみよくテンぽがながれてる本です。



テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌


シャガ-ル展

シャガ-ル展にいってきました。ちょうどこの企画がはじまったところだったので、映画とコンサ-トもしてました。

映画は「ビヨンド・サイレンス」。いい映画でした。一箇所でだけ、でも大きく、シャガ-ルの絵が効果的につかわれてます。(ですからとりあげたのでしょうが。)

シャガ-ルと言うと、私は独特の「赤」という印象があるのですが(ノマチスと混合してる?)。じっさいの展示をみてると、やはり独特の絵が多かったです。
その中に「ユダヤ民族」の歴史があることをしりませんでした。くらいくのがれられない重圧みたいなもの・・なんか感じます。(ユダヤ人という言葉がそうかんじさせるのかもしれませんが)

コンサ-トはトリオによるユダヤ音楽の紹介でした。ドナドナは、ユダヤ民族の音楽だったんですね。自分の気持つもいまひとつ「さえなかった」ので、なんかよけい暗くなる気がして、こちらは途中でひきあげてきてしまいました。

実は、はじめて、一人で美術館に、そして、映画をみたのでした。一人の方も多く、どってことはなかったのですが、やはり帰りに感想をいいあえる人がいないのは、ちょっとさみしいですかね。

テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ


今週読み直した英語絵本

02070002.jpg


Five Little Monkeys With Nothing To Do
by Eileen Christelow 672 words
Five Little Monkeys Sittin in a Tree
by Eileen Christelow 239 words
Five Little Monkeys was the car
by Eileen Christelow 541 words
どれも読んでて楽しい。読み聞かせでもよし、中1世向けにも軽く読めていいかも。

Sheep in a Jeep
by Nancy Shaw 84words
ライミングを楽しむ本なんだけれど、読み聞かせにちょうどいいかな。できれば大型bookがいいかもね。

Counting Kisses
by Karen Katz 89 words
バレンタインにぴったりかも。幼児さんの読み聞かせで今度して使ってきます。

I Spy Santa Claus
by Jean Marzollo 130 words
I Spy
by Jean Marzollo 130 words
うちの教室てのクリスマスの定番。再度みなおしました。

Dick and Jane We play outside
Grosset & Dunlap 350 words
カナダの友人に、よみものとしていいんじゃない、といわれて読んでみました。たしかに、読みやすい・・だけど話がちょっと堅いかな?そう教科書的すぎるかも。でも、ハ-ドブックでそんなに高くなく、「英語の本」として小学高学年がもってると「自慢」かも。

Two Times the Fun
by Beverly Cleary 5497 words
これは読みやすい。中2生が最初に読むなが--い話としてはいいかも。4つの話からなってるので、よみやすいと思う。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌


多読再開・・今度はゆっくり。

一気に300万語までいったのですが・・そのあと、1年ブランク。また本がたまってきてるので、今度はのんびりペ-スで再開。

しかし、再開してみると、あらら、めっきり読めなくなってしまってる。まいったな・・。

The Magic School Bus in the Bat Cave
by Jeanette Lane (Scholastic Reader 2level) 597words

Henry and Mudge and the best day of all
by Cynthia Rylant 620 words

Henry and Mudge and the Long weekend
by Cynthia Rylant 980 words

Stanley flat again
by Jeff Brown 5899 words

上記3冊は中2生のために新しく購入した本。もう1冊は高校生にです。

さらに追加
まず絵本2冊
Strega Nona
by Tomie de Paola 1236 words
おかゆで町がいっぱいになる話のスパゲッティ版。中1あたりにいいかも。

Cookie's Week
by Cindy Ward 84 words
曜日の導入はいいかも。

The Case of the Groaning Ghost
by James preller 6000 words
実はこのシリ-ズいつも苦労してます。内容はわかるのですが、とにかく口語文が多く、若者言葉特有?のいいまわしがでてきます。読み飛ばすところが多いのですが、「きっとおもしろいこといってるんだろうな」と考えてしまうのが・・かわいそうな私。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌


今週読んだ本

ベジタブルハイツ物語 藤野千夜
あるアパ-トのいろいろな住人の物語。私的には登場人物が若すぎて共感しにくいのだが・・・でも・・・「人をねたむことがとってもとくいです。」と特技にいいたいな・・・というセリフには同感。
数の風景 松本清張
本当は『悪い女』を借りたかったのだが、なかったので、代わりの1冊。でも文句なしに「松本清張ミステリ-」だった。
記憶の食卓 牧野修
題からの想像を裏切り、おどろおどろしたミステリ-だった。個人的には食物の話は穏やかなほうがいい。
暗闇坂 三田完
かなりかわった夫婦のおはなし。こうはなりたくないが、人に固守する気持ちはわかる。
雪が降る 藤原伊織
ミステリ-のからんだ短編集。おちに「ほっと」感があり、きもちよく読める。
日がわり一話
短編エッセイ。その題のとおり、日がわりになってる。私自信エッセイが好きなこともあるが、なんともこんなおちになるのか・・というショットミステリ-コントがおもしろい。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌