karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



秋といえば、読書

きのうは、図書館いってきました。
で、夜は読書ざんまい・・(最近英語多読からめっきり足が遠のいてしまいました。貸し出す一方です。)

この前の続きで、
四季・亜紀子--五木寛之。
やっぱりおばさんキラ-といわれても仕方ない。読むとはまってしまいます。

明日は明日のカキクケコ--敷村良子
世代が同じで、若者にうけた「がんばっていきまっしょい」を書いた人だから、なんとなくもう1冊読んでみたかった。このテンポなら、娘も読むかも。

本当は病んでる「幸せな家族」・・加藤諦三
これだけ報道されてると、やはり考える「いじめ」。そして、私も思う。学校じゃない、家族が問題なんだと・・でも・・なんか読むと、切なくなる・・親ってそんなに子供に対して悪いことしてるの?って・・。

あと2冊あるけれど、読んでないので、また今度。
スポンサーサイト

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌


四季・奈津子

秋は読書の季節・・だいま「うつ」の真っ最中。まあ、自分で「うつ」といってるうちはだいじょうぶとか・・・
ひさしぶりに図書館にいって、たっぷり本をかりてきました。

やっぱりおんなの人は、この人によわいですか・・五木 寛之 です。
で、読むと、・・・やっぱりこういう秋のセンチメンタルの時は・・いいですね。

デ-タ-ベ-スでは、「私の生活ってなんなのだろう。ボタ山でカメラマン中垣昇と出会い、どう生きていったらよいか悩んでいた奈津子は、故郷や恋人を捨てて、東京へ旅立つが―。いろいろな人たちと出会うことで、奈津子は大きく変わってゆく。こころのオアシスを求めて飛び立つ奈津子。性格も違う四姉妹の次女を中心にして描く大ロマンの第一章。 」と紹介されています。

なにげなくFMをつけると、なんとめったにきかない演歌がながれてました。でも・・これが・・・そう「五木寛之」の世界とぴったりなんですね。

きのうの休日がバタバタしていたので、今日はのんびりさせていただきました。のんびりさせていただけて、ありがたいです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


生まれて初めての宝塚公演

宝塚全国ツア-で、こちらにもきてくれたので、いってきました。月組み公演・・万葉ロマン 『あかねさす紫の花』/レビュー『レ・ビジュー・ブリアン』ーきらめく宝石の詩ー ...

実物をみるのははじめて。
いやいや、まず会場にきてびっくり。
すごい「女性(正確には○○さん)」の集団。まず、これに圧倒されました。しかし、自分達もはたからみれば、じゅうぶんこの集団に同化してることもわかっており・・・う--ん、複雑な気分。
しかし、こんなに、この市に○○さん達がいるとは・・びっくり。まあ、人口を考えればあたりまえなのですが・・普段みなさんどこに悲惨でいるのでしょう。

でさらに、はい!2番目。男子トイレの2/3は「今日は女子専用となっております」とはりがみあり。

とまあ、「びっくり」「びっくり」しながらも開演となったのですが・・
う-ん・・ミュ-ジカルのほうは、「きれい」だけれど、いまひとつ。話がいまひとつ。3人主要な役についてるのだけれど、どうしても、なんで3番目の主要な人がこの劇にいるのかどうかが、わからない。月組み子トップ3人に役をふりわけるために、強引に設定した役としか思えないのは・・・宝塚ファンのため?
しかし、やっぱり「きれい」・「豪華」・・おはなしがなぁ・・・・

とおもってるうちに終了し、30分休息。
何で、30分も・・と思ったけれど・・・
納得。すごい列のトイレ休憩。
いやいや、違う理由。次は「レビュ-」タイムだったんですね。

この劇場のこの舞台がこんなに豪華になるとは・・いや、豪華絢爛とはこれをいうんでしょうね。渡し的にはレビュ-は好きなので、はい、正直「うっとり」してしまいました。どんどん出演者も会場に下りてきて、盛り上げる・盛り上げる。
衣装が何回かわったことか・・いやいや、すごいすごい。
まあ、なんて土派手な衣装。やはり関西?はたまた宝塚だからか許されるのか?
小林幸子・美川憲一も真っ青?
とうっとりしてしまう。
いやいや、ヅカファンの気持ちがこのさめてる私にもちょっとわかる。(かなり?)
かっこいいです。

いやいや、現実逃避にはまさにぴったりの舞台。
こんなのしょっちゅうみてたら、日常のチマチマしたことなんて、どっかふっとびますよね。

とはいえ、やはり「冷静な」二人。
しっかり帰りの大混雑は予想ができたので、幕がしまりだしたら・・さささ、と抜け出しました。まだカ-テンコ-ルはあっただろうに。

友人いわく、S席6500円で、この舞台・この出演者数・そして裏方さんの人数を考えると・・・「安い」といっておりました。

ちょう現実的な二人ですが、とても「いいもの」みせていただき、「いい経験」をしたと、納得しました。(でも1回かな?いや、どうせ見るなら、宝塚でみたいな。)


追伸
何組がご夫婦もいらっしゃいました。これにつきあってくれる旦那様(いや、もしかしたらすごいファンかもしれないけれど)をもってる奥様は幸せだな・・とうらやましかったです。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽