karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Horrible Harry in room 2B

前回、「おもったよりつまらない」と書いてしまった(Song Lee のバ-ジョン)けれど、このHARRY君はおもしろかった。人をこわがらせることが大好きなお話。やっぱり1冊で評価しないで、いろいろと読んでみないと・・と反省。著者Susy Klineがあと、どんなキャラクタ-の子供達を登場させてるのか楽しみになってきました。
スポンサーサイト

テーマ:ペーパーバック@多読入門 - ジャンル:本・雑誌


チャプタ-ブック

今週購入した本。
Puppy Mudge Finds a friend
Mudgeシリ-ズは中学生の女の子2人が気に入ってる。でも、購入したシリ-ズをまちがえたようで、やさしすぎた。逆に小学生が好みそう。

Song Lee And The Hamster Hunt
これははじめてのシリ-ズ。高1にとにかくどんどんよんでもらいたいと、シリ-ズ6冊購入したけれど、・・どうかな?このハムスタ-の話は・・展開がいまひとつだった。他のもよんでもないわからないけれど。

Flat Stanley
これは某生徒が気に入って、「ほしい」というので、購入した。ペ-パ-ブックのほうを購入したが、・・あれれ?私がもってるもあ一つのほうが簡単?(話の筋は同じだけれど。)もう一度よんてみたけれど、これは笑える。後4冊ほどシリ-ズがでてるようだか、これはよんでみたいと思う。



05180002.jpg


テーマ:ペーパーバック@多読入門 - ジャンル:本・雑誌


5月のからく

今日は演奏日でした。連休明けで、練習が・・といいながらも、引かせていただき、うれしいかぎりです。

スタンダドジャズ3曲ではじめて、
花、花のワルツなでクラッシック曲5曲をジャズ風にアレンジして
さらに、ノバラ、バラと続けて演奏しました。

日本曲はこのあと、カナリアを演奏し、

続けて、サウンデオブミュ-ジックから4曲、やはりジャズ風にアレンジしました。

最後は、私の好きなドレミの歌でおしまいです。


1テ-ブルのみのお客様でしたが、「ア、サウンドオブミュ-ジック」と反応してくださり、うれしかったですね。

来月は、梅雨かな?梅雨といえば、雨。雨といえば、ショパン特集でしょうか?

またよろしくお願いします。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


容疑者 室井真治

連休中に借りたいとおもってた映画・・何回か足を運んで、ようやくゲット。
最初の展開・・うんうん、おもしいろ。音楽いいねえ・・・

湾岸署のみなみな様もご登場で・・でも青島君はでてこないですねえ・・『友情出演』があってもよさそうだけとれどないのは、やはり
週刊誌で噂になってるとおりのギバちゃんとは犬猿の仲なのかな?
しかし、いつからこのギバちゃんこんなしぶい役をするようになったんだっけ?たしかたけのこ族だかなんかの出身ではなかったけ?

なんて考えながら、みてたのですが・・

あらら・・・

そう、あまりに理由がちっぽけすぎませんか?
たしかに、テ-マはこなちっぽけなことに正義をつらぬくのかな?なんでしょうけれど、どうも壮大な構想を最後までつらぬきとおせなかったかんがするのは気のせい。

いやいや、ほめるのはできなくても難癖つけるのは簡単。
でも、連休娯楽映画として、文句なし。おもしろかったですよ。
・・わざわざ映画館まではいかないな・・やっぱり。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画


秋刀魚の味

連休2本目。小津監督の「秋刀魚の味」を鑑賞。え、これが岩下志摩?杉村春子?というぐらい・・若い若い。そして、画面が・・まったく動かない。

名監督といわれ、日本映画ファンにはたまらない小津作品。実はみたことなかった・・私にとってはあまりにフルすぎ映画のように感じたから。

正直、あまりに、ゆっくり時間がながれすぎていて、映画をとめずにお茶はいれにいくは、洗濯物はとりこむわ・・だったけれど、


見終わると、なんともいえない、じんとくる満足感。

いま古き時代をなつかしむのが、流行してるそうだが、まったく、その流行に私もはまってる。

※なんで、昔の日本の家はせまいのにあんなにものがないんだろう。なんで、いまこんなに家の中に物があふれかえってるんだ?

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画