karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Charlotte's web

ようやく読み終わりました。グル-プで「精読しよう」ととりあげたけれど、結局最後までいかなかったので、・・そのままに・・とはなさけないのでまずこの春休みよんでしまおうと思った本。

こころあたたまる本でした。まあ、くもさんは代がかわっていって、豚さんは生き残っていいのか?と思うと「?」のところはありますが、自然の論理に逆らわずにいめといえばいめことなので、穏やかに事実が受けとめられると思います。

いい本でした。アメリカの小学校で司書をしてる人からすすめられた本ですが、納得がいきます。
スポンサーサイト

テーマ:英語の児童書 - ジャンル:本・雑誌


ALWAYS 3丁目の夕日

やっとみにいけました。もうすぐDVDがでるのだけれど、やっぱりみたかった。本当は水曜のレディ-スディ-にいきたかったけれど、明日は別の用事があるから、今日しかなく、おもいきって一人でいこうと思っていた矢先にお隣の奥さんと一緒にいけました。(一人で映画館にいったことのない人です。)

「映画館でみたい」とおもう映画が少ない中、これはみたかった。自分が生まれるちょっと前の話だけれど、なんかおばあちゃんの話をきいてるようで、なつかしかった。おばあちゃんの家にあったラジオ・冷蔵庫・テレビ・・どれもが懐かしかった。

なんで、いまこんなに「きりきり」して毎日がすぎていくんだろう。すべてのスピ-ドがはやくなってるからしかたないんだろうけれど、なんか昭和の時代がなつかしかった。

観客は私たちかそれ以上の人でいっぱいだった。ロングセラ-になる意味がわかる気がする。母にみせいたい映画だ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


ダビンチコ-ド

文庫本での上・中・下、一気に読み終わりました。話題のベストセラ-だから「読んだら?」と相方にいわれよんでみました。

最初は、「どうなるの?」とどんどんよみすすめていって、最後は・・
話題のわりには・・正直しりつぼみの感じかな?キリスト教の解釈におもいきってチャレンジしたのはすごいと思うけれど、最後がどうも、「一挙解決」にならないのはチャレンジがおおきすぎたせいかな?
ともおもったりして・・


でも、これ映画にしたらたしかにおもしろいかも。5月の映画が楽しみです。

ちらっとおもったのは、私はキリスト教信者ではないけれど、これキリスト教信者の人はどんな気持ちでよむのかな?ということでした。

テーマ:今読んでいる本 - ジャンル:本・雑誌


3人展いってきました。

長女がいってる画塾の先生達3人が一緒に「3人展」をひらかれたので、いってきました。
一人の先生は、もうベテランの先生で油絵です。個展も何度かひらいていて、そう、商品というか、芸術品というか、プロともいうべき作品でした。
一人の先生は、去年美大を卒業して、就職1年目。「いま、クライアントにどうきにいられるかばかりを考えてデザインしてるので、そこから抜け出したいと、何もかんがえずに、自由に立体作品をつくってみました。」といってましたが、・・たしかに、きれいで、たしかに「殻」というタイトルとはイッチしてますが、・・やはり若い。どうしてもまだ大学芸術祭展示作品・・という感じで、感動はなかったな。
そして、長女が一番お世話になってる先生。抽象芸術で、溶接にてしあげてました。・・これはむずかしい。わかる人にしかわからない作品だと思います。でも迫力はあった。「僕は自分に自信がありますから。」といつも豪語していて、多少鼻につくところもあるのですが、まあ、それが若さだとおもって、聞き流してるのですが・・たしかにその自信にみなぎった作品でした。

町を歩いていて、なにげなくぶらっと画廊にはいることはありますが、今回のように、一人一人とお話しながら作品をみたのははじめてだったので、なんか新鮮でした。作家の人柄が本当にでるものだと、あらためるて納得でした。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記