karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会










    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



市内美術館巡り

先週は世の中的には3連休でしたね。我が家的には、金曜日は普通の日。
とはいえ、午前中のカ-ブスは無いので、さてと、ウォ-キングでも、と思いつつ、
そう、文化の日は、「美術館」無料とのことで、
県立美術館、市立美術館と、まわってきました。
・・・さらりとみてきてたのでした。
県立は美術館は、いま、企画展 [共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎]でした。
どちらも栃木県出身の作家さんなのですね。

わかったような、意見書いてしまいますが、経歴をみてから絵を見ると、なんか「人生でてるな」と思ってしまいました。
無料なのに、みにきてる方、少ないなあ・・という感じでした。散歩がてら、さらりとみにきた・・という方が多かったようです。
市立美術館の方は、エドード・コ゜ーリーの優雅な秘密。

絵本作家、としても有名な人なので、大人のかたから、家族連れまで、とにぎわっていました。
こちらは、「宇都宮市」の方だけが、無料。有名な方の展示ですから、「お金はらって」の参加の方もいらっしゃいました。・・そんなにせこくしなくてもいいのに・・とふと思いましたが・・・逆に「得した」気分でもあるかな?
とても、みやすい展示にはなっているのですが・・タダ、作品が小さいこともあり・・しまった・・・老眼鏡持って行かなかったので、ちょっとみずらかったのでした。
特別拡大版の絵本絵本とかスライドあったらよかったのになあ・・。
つい、無料をいいことに・・
こちら、購入。まあ、英語の会でつかうから、いいじゃないですか。1080円り。



ちなみに、ほおーーと思わず笑ってしまったのが、何気なく、散歩がてらの人の多い、県立美術館。
県外、家族連れも多い市立美術館、と紹介しましたが、年齢層も違いますが、 同じ年齢層の方達でも、散歩ルック、とよそ行きルックの、違いもありの、洋服観察も面白かったですよ。
ーー意外と外での身なりは、気にする私なんですよね。
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術


趣味を持っての楽しみ方


新聞にのっていたのを目にして、ひょいと訪れてみました。正直、「ギャラリ-」なるもの、どうも、「なんか買わないとなあ」とおもったり、または「まったく手がでないなあ」とおもうこともあり、苦手な部分があるのですが、
こちらは、市の施設でのことだったので、気軽に。入館料100円なり。
新聞での紹介と、実際とはやはり大違い。
すてきでした。
こちらの作家の方は、はい、ちょっと上の後期高齢者の方です。お話することもできて、楽しかったです。まだ、こちら地元の大学で講師の仕事もされています。
仕入れた陶器に、絵と、そして、今回展示でもわかるように、百人一首を手書きされて焼き上げています。
大学で、そして、教室もひらかれているので、ご本人いわく「安い」陶器も使うし、てがるな「転写シ-ト」も使う。
ともちろん、マイセンなどの陶器使うとのこと。
この、気さくさが、なんか、とても親しみやすくって、うれしかったです。
「今度は個展もしますが、みにくるだけ、いらしてね。マイセンだしますから」といわれ・・はい、どうどうと、見にだけうかがわせていただきます。


そして、こちらも後期高齢者ちょっと上の方。
ハガキをいただいて、今回「幼児椅子」も作ってみました、ということで、お邪魔してきました。
あら、かわいい。大人の方の椅子は、材料、仕上げと凝って作られてるので、ちょっと私たちのレベルでは、(椅子にそんなにこだわっていないので)、手の届かないお値段なのですが、幼児さんのは、パイン材仕上げということで、手の届く範囲。(孫よう、孫に頼まれてもいないのですが。)
といっても、ちょっと自分たちが欲しかったものとは違うので購入のには至りませんでしたがーー。
というか、この展示会「見にきてくださればそれでよしです。」という感じでして、はい、福田さんとお話してきた、というのが、本当のところ。奥様にフレッシュハーブテイー出していただいて、いいひと時でした。
時間はいくらでもあるから、手間をおしまない・・・。ということで、凝っていく。
う--ん、たぶん私は、時間がいくらでもあったら、次から次へとちがうこと、探しにいくタイプだろうな。
からくのマスタ-が(福田さんは、からくのマスタ-のお友達です)、「金かけず、時間をかける趣味を持つのが、老後の一番の強み」と言っているのですが・・これか、なかなかむずかしいことかもしれません。
はい、でも、「お金」かけず、いい椅子にすわって、いい一時、すごさせていただきました。ありがとうございました。
私も、相方さんも、こういう「でんとした」後期高齢者・・めざしていきたいです。

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術


都立美術館に

もう、今週は、展示は終わっていますが、ぎりぎり、二つの展示をみることができました。
東京にいった帰りによろうよろう・・と思いながらも、なかなかよる元気がなかったのですが、券をいただいていたこもあって、気にはなっていたのです。
からくで、演奏させていただいてますが、このからくに飾ってある絵が、マスタ-の友人でもある ささやあきら 氏作です。 その方の新しいモノが一水会の展覧会で、展示されていました。からくとご縁もあるので、みにいってきました。
写真撮影OKです。
01a04fccca5a3cb78d924afb9e4a393cb5db174d89.jpg
0125f5dc216747141d4fe183ba7efccc6858e344fd.jpg
迫力ある絵がならんでいます。
たぶん、一水会展は2回目ではないかと思うのです。
長女が高校の時、美術部の先生が、こちらに入選されてと、きいて、券いただいて、こちらにわざわざ見に来た覚えがあります。
そう、あのときは、子ども達二人とも一緒に生活していましたから、「わざわざ列車で」・・・という感覚です。
今は、二人とも東京ですし、母のこともあり、ひょこひょこ東京にいくことが多くなりました。さっと新幹線で、帰りは・・・鈍行で・・・はじめから座れることはまずないので・・・どこであくかな?ときょろきょろしながら・・・
おっと話もどして、この日は、ちょうど都民の日で、普通のものは無料でしたので、そう、新聞にも紹介されていた、こちらもさらりとみてくることができました。

しかし、東京・・・やはり、ひろい。この日だけで、10000歩歩いています。


今日は2時からからくです。

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術


【週末】先週日曜日

先週の日曜は、ただいま行われている・・こちらに・・。
朝から、かたずけをしていて、気分転換に、3時ごろ、ひょこっと行ってきました。



へへへ・・・一枚招待券いただいたので、‥相方さんといきましたが、・・・1000円ですみました。
というか、企画展なので、1000円です。

いや、確かに人気のようで、混んでました・・このぐらい混むのをみるのはスイミ-のとき以来かな?
で、こられている人の層が・・やはり、大人の方が多い。
で・・そう、なつかしのスタ-ウオ-ズですから、ご夫婦、シニア男性も多かった。


うちも相方さんと行きましたが・・
ほほ・・とわらってしまったのが・・・


記念写真を等身大のダ-スベ-タ-ととれるのですが、・・普通写真だと、奥様がモデルでご主人がとってる・・というパターンが多いのですが・・
ご主人が奥様に写真をとってるパタ-ン・・が多かった。うちもですが・・・。
なるほどね。



このスタ-ウォ-ズ展、私的には、映画でつかわれたものの展示かとおもっていたのですが・・・「美術館」での企画展。なるほど、登場人物、場面、または、いろいろな思いが、「絵画」となっている。
そう、「絵画鑑賞」なのですね。
おもしろかった。


もちろん、映画での衣装、等身大の模型、いろいろなものもかざってあるので、スタ-ウォ-ズファンにはたまらないと思いますが、しらなくとも、「美術展」として十分楽しめます。

私自身は、映画、最新作は見ましたが…あとは・・実は・・あまりみていない。


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


美術展 2つ

9月にはいりました。
8月の終わりは、美術展2つ・・みてきました。
まずは、銀座ではこちら・・・
20160901080355aa1.jpeg

半澤友美展 grey integrument
和紙を遣った若いペ-パ-ア-ティストでですが、がんばっています。少しずつ、作品が売れてきているようです。


そして、もう一つが・・
地元宇都宮美術館での企画展。
宇都宮エスペール章をとったクワクボリョウタ氏の企画展です。
01ef44e289a601afe486982a15f92ecc9f41ada144.jpg
と、「エスペール賞」を前面に出しての、宣伝ですが、 普通に検索しても、この言葉ばでてこいなぐらい、もう、スケールの大きい、現芸術家の一人になられているんですね。なぜなら・・・

このクワクボリョウタ氏、明和電機と一緒に世の中にビットマンを出した人だそうで・・・で、いろいろな賞とられています。。

なんて、書いていますが、調べてしりました。


テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術