karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会







    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



からく8月・・無事終了

flower1_20110809181010.jpg
午前中から、二人で練習して・・サンドイッチなぞほおばってから、(友人はわからなかったが、実はちとこだわりのサンドイッチを買っていたのだ・・とここでぼやいてもしかたないが。)・・・で、まあ、化粧直しなどして・・からくにむかったら・・

うそ?駐車場一杯。義理できてくれた友人がいるとしても、こんなに招待状ださなかったぞ・・。
はいって、びっくり・・やはり、「歌」聴きに来てくださった方で一杯でした。

やはり『日本の歌』の魅力に私一人ごときのjazzもどきでは勝てないようで・・というか、まあ、ちょうどお盆 前で、年配のグループの方が、ちらしみて、きてくださったようです。
・・そう、いつもはちらしおかないのですが、今回はちらしをおかせていただいたので・・

イタリア歌曲をちらっとうたってもらってからは、浜千鳥、海、ゆりかご、カナリヤなどなどにの日本局、そして、わらべ歌メドレーとつづき、締めは、栃木にこだわり、八木節でした。

みなさん、ありがとうございました。
そして、Sさん、お菓子の差し入れありがとう。
Kさん、お花ありがとうございました。

9月は・・普通に、私だけのピアノのバックミュージックデーですが、よければいらしてくださいな。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


浅香薫子サンコンサート

grp0806160050.jpg
一芸館でのチャリティーコンサートいってきました。浅香薫子さんのコンサートは2回目、ステージとしては、某声楽家の集まりで、クラッシクの歌も聞いたことがあります。

今回は、今はシャンソンを中心に活動してるので、やはりシャンソンが中心でした。もともとこの地元の高校で声楽を学び、そして、海外でも声楽として賞をとり・・・いろいろと人生あって(まあ、みなさんそうですが)・・いまは栃木・埼玉で、シャンソン?中心に活動されているようです。

カルチャセンターてせも講師されてて、栃木放送のパーサナリティーもと詰めているとか。直接ではないのですが、友人の友人みたいな方なので、なんとなくろう?話しもきいていて、・・現役でこれだけ活動してるのはえらいなあ・・と・・・なんとなく同世代?(正確にはあちらが上)・・で感慨深くきいてしまいました。

あいかわらず、一芸館の音響はいいですね・・・。

いい夕べのひと時でした。

また、しつこく宣伝しておこう。
karaku_20110715100021.jpg

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


金子みすず・・を歌う

music.jpg
秋ですね・・芸術の季節ですね・・と
まあ、そんな理由?で、実はきのう、この歌のコンサートに「いくこと」ができました。
咳もでるし、めまいの不安もあり、ぎりぎりまでわからず・・が、幸い、昨日の雨で、相方さんが、家にいることになりましたので、運転者はできたので、いってきました。

友人が、事務局を運営しています。あ、一人で。

ついつい、自分が、友人Nさん組んで、あいだみつおさんに取り組んでいますので・・ついついつい・・ちがう目線て゛みてしまう部分があったのですが・・

まずは、ホールでの企画にも変わらず、みなさんがいらしてくれて、盛況におわり、よかったです。コンサートは人がきいてくれなくては仕方ないですから。ほっとしました。

で、その観客ハ・・シニアの方が多かったかな?みなさん、たぶん、いろいろな思いにふけりながら、金子みすずの世界を堪能されたと思います。(相方さんは、残念ながらしらなかったけれど・・。)
それはそれでいいのですが・・私としては、今の時代だからこそ、唱歌、そして詩の世界・・若い人達にしってもらいたいな・・・と思います。

金子みすず・・実は私も、名前はしっていますが、はい、代表作品ぐらいしかしりません。ソレモ、パンフレットをみて「あ、これはしってるよ、教科書にあったもの」と・・というぐらいで、そう、教科書にありました。
今はどうなのかな??
その若い人を・・ということで、和太鼓の演奏もありました.
いや、このパフォーマンスはおもしろかったです。
だから・・コラボもみたかったな・・・。

最後は、故郷をみなさんで合唱しておわりました。
この前のかつみさんのコンサートは、ビートルズを合唱しておわりました。
今、そのスタイル?はやってるのかな?でも・・・一体感ができてやはりいいですね。

故郷・・いまの子供たちは歌えるのかしら?

しんみりとしたひと時をすごすことができました・・で・・帰りに、はい、コジマネーゼのケーキ買ってかえったのでした。

追伸・・と書くのもおかしいですが・・
いや、竜神~天の子守唄・・・これはいいですね。NHKで流れていたのはしっていましたが・・私たちも挑戦しよう・・と。


テーマ:コンサート - ジャンル:音楽


みんなで楽しむ歌と踊りのつどい

きのう、義母が出場する、某所でおこなわれました「みんなで楽しむ歌と踊りのつどい」を鑑賞してまいりました・・・

84?の義母「これで最後かも」といわれ・・いったのですが、いや、たぶん、これから何でも「これが最後」がくちぐせで、まだまだいろいろとやるんだろうな・・とおもうほど、元気に、ちゃんと「完唱」(こんな言葉あるのかな?)できて・・ホットしました。

なに歌うのか聞いてなかったので、で出しで「え、こんなテンポの早い曲歌うの?」とあせりましたが・・大丈夫でした。自分の子供たちの発表会以来・・あまりどきどきしてなかったのですが・・ひさしぶりにどきどきしました。

いやいや、大舞台に、次から次へと、年配の方々、素敵な衣装で登場してらっしゃいます。
たしかに、この中にいたら、義母も年はかんじないでしょう。
こういう企画をする、区に感謝です。

そもそも、母の住んでる区は、年配(特に後期高齢者?)の方たちにやさしい気がします。バスも全部無料ですから、(収入がある人はだめですが・・ということで、家賃収入のある母はだめ)、電車で20分でも、バスで1時間かけて、義母いろいろとまわっています。
で、実際、バスのほうが、階段ののぼりおりが少ないですから、楽なようです。

・・・おっと、テーマは音楽でした。
別に「年配の方がでる」のを意識した会ではないのでしょうが(40代らしき方々もいらっしゃいましたから)、中心は年配の方々。観客は、参加者および、その家族。
「カラオケ大会は、文化じゃない」とかいう声もきこえてきますが・・「ロックフェスティパル」「Jazzフェステイバル」というのもあちこちと町おこしの一環でひらかれてますが・・

これは・・「地元の人たちのための発表会」ということで、とてもいい企画だと思います。
実際、今、地元の活動をそそえてるのは、確かに、税金面では、働いている人たちかもしれませんが、「活動」自体をささえてるのは、こういう年配の方々ですから、その方たちが、「堂々と」みなさんの前で、何かできる機会があるのは、すてきなことだと思います。

午前10時からはじまり、終わるのは夜7時くらい。参加者は150人弱。出場する時間あたりに、人がきたりかえってりしますから、出入りはありますが、コンスタンに会場は満員です。
主催は、○○明るい社会づくりの会・・たしかに、こういう活動は、社会を明るくすると思います。

地元で足のついた活動・・すてきだな、と思いました。
で・・また、これで「次は何の曲に挑戦しようかしら」ということで・・しばらくはからおけ練習通いも続く義母でしょう。

あ、娘と一緒にいきましたが、とある年輩の「紳士」が登場したとき、「これぜったいお父さんの将来だ」と二人でさわいでおりました。(息子である相方は、写真撮影のため、前にすわっていた)・・で終わったあと、その相方さん「あの人かっこよかったよね」と・・その「紳士」のことをすかさず、いったので・・「やっばり」と娘と合二人うけておりました。もちろん義母、自分の出番の近くだったので、まったく聞いていませんでした。

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽


浅香薫子コンサ-ト

敬老の日、ということで、義母がきています。午前中は、息子さんが、ゴルフに、(義母、8?才)、夜は、嫁が、コンサ-トに。

嫁・義母・・・問答は別として、感じ方は、人それぞれですが・・

めずらしく、私「涙」でてきました。
彼女が友人の友人ということもありますし、年代が・・割と近いこともあります。

「貴重な時間を割いてきてくださってありがとう。歌をきいてくださってありがとう。」という、真摯な姿に・・打たれた・・・というのが正直なところです。
「おごる自分」を最近よく感じるので、恥じていたところです。

-------------
「本当に好きなこと」続けるのは大変です。挫折もあります。挫折したから、いまここまで続いています。どこか、頭の片隅に「あんなひと時をすごしたな」って、一瞬でもかすめるときがあれば幸せです。
「歌うことがすきです。」「歌える場があることがうれしいです。」「本番の日は、ワクワクします。」
-------------

おっかけファンもいるようです。・・わかる気がします。
公式ペ-ジはこちら。
http://www.belle-epoque-u.com/

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽