FC2ブログ
karaku
日々の生活を楽しみながら、メモしておきたい本?音楽? 料理?読書❓と忘備録でもあり、・・今後の年金生活をみすえての、嗜好品代チェック記録でもあります。

プロフィール

Mieko

  • Author:Mieko
  • e-mail
    hanz01jp@excite.co.jp

    毎月演奏させていただいてる喫茶店
    「カフェ・カラク」
         宇都宮市瓦谷町1096-1
         電話 028-665-1553
    交通アクセス: 東北自動車道宇都宮I.C.
     →日光街道宇都宮市街方面(右折)
     →3つ目の信号左折
     →県総合教育センター、農業試場を超えてすぐ右側

    Miekoさん主催の英語の会
     宇都宮英語絵本ワークショップの会










    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

    にほんブログ村



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



家の修繕  -7- 家のリフォーム に思う

前回の台所のリフォームの時、大変だったことは覚えている。食器の入れ替え、雑貨の見直し、一時保管のリビングはすごいことになっていた。
で、今回は、中はリビングと廊下だけで、たいしたことないはずだったが、

物の移動はたいしたことないのだが、やはりある。
壁もきれいになるからいいんだけれど、いろいろなボロ隠しを取る。
それもいいんだけど、
やっぱり「大変」。
転勤族で育った私だから、こういう物の出し入れは慣れてたはず--というのはもう30年以上前の話し。
6年もちょこちょこ物の手放ししてるから、少ないはず。--でもない。
定年退職を機に住み替えなさる人、いらっしゃいますが、これなかなかすごいこと。
今になって、義母が「家を処分せず、ホームに移りたい」という気持ちわかる。
面倒。
一方ここで、どんと変えれる人は、まだまだ元気な人、ということかな?
正直、今まで、そしてきてからのメンテナンス(残るはおフロウ)を考えると、中古の住宅は買えてしまうかも。
ただ、生活圏が変わるというには、(住所変更に伴うもろもろのこと、これはまた大変でーー。
まあ、なるようになれで、とりあえず、中のリビングと廊下・階段の壁紙交換終了、電灯とかは、また別途。
この後は、自分達で、時計とか、壁かけ扇風機とか、カーテンとかの付け替え。シーリング替えてもらってるので、天井ライトも交換できるけど。
日頃してないから、結構きつい。せっかくここまで治ってきた50肩、あぶないよ。腰も痛いし。10年後は、できない気がする。
誰かしてくれるのかな?
こういう「ちょっとサービス」を 10分いくらとかで頼むようになるのかな?「お駄賃」をといえば、響きは、いいかもしれないけれど、それを商売にしている業者さんの頼むことになるのかな?
一体、何歳まで、助けを借りず、自力で、スッキリした部屋、維持できるのでしょうかね? 庭もそうですね。
考えるのよそう。
30年すぎての今回の修繕。部屋周りをみてふと思う。年ってことかな?
とりあえず、頑張って来た家に  ありがとう、という気持ちになってるし、これからもよろしくと、今になって「愛着」を感じています。というか、この家が、我ら夫婦の人生だからなあーーーなんて、思う自分達に苦笑。
スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ


家の修繕 -6- 天井ライト

まいったなあ。
古いし、汚れとれないし、変えようとーー
そんな高いものではないでしょう、と「念のため」持参で近所の電気屋さんに。
現物見てきめたかったから。

電球くるくる直接タイプの、カバー。
ーーーありません。
シーリング?工事?交換必要です。
ずっと前に、今頼んでるSさんに、「部屋」のは全部変えてもらったのですが、まさかのまさか、またここでこうなるとは。ネットでも見つけるのは困難?というがわかりました。
直接、ちょっとおしやれ?なLED電球をつけておくのもいいのでしょうが・・それにしては、そのソケットが昔過ぎて、やっぱりなあ・・・。レトロというよりは、う--ん。という感じ。
セパラボデイ、なるものつけて、ひっかけシーリングかってきて、・・で、ライト交換ができるらしいけれど・・
Sさん、シーリング交換してあげますよ、とのことで、シ-リング交換して、ライトも交換。
何かかえれば、何かが起きる。
「しょうがない」ということです。
さんのはがれたのとか、ドアの古いのとか、でてくるけれど・・これは「しょうがない」
ドアは、今更ながら、みがきます。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ


定年生活準備 -5- 力抜いて、

こちらの本の、一文。


「力の抜けた喜びだった」この一文が、いい。
そう、人様の生活見ててもしょうがない。
無理しても、我慢してもしょうがない。
力、抜いて、というか抜けるといいな。
作者が、44才の時出版されてるから、ほぼ作者と主人公は等身大かな?
こんなかっこいいセリフは言えないけれど、なんか、そうか、力抜いて、年金生活入って行けばいいのかな?そんな感じ。
入って来なければ、 使わないし、使えない。
自然の流れに逆らわず。
あれ?これって、老化に逆らわずに、というのと同じ??

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌


定年生活準備 -4- 覚書 1110

健康保健--- 退職した後の2年間は、一般的に会社の任意保険が、継続でき、その後 国民健康保険、で64から、また会社の任意保険に入れて、その後は、制度が、変わってなければ、後期高齢者。
で、家族もこれに準ずるらしいのだが、64からの時点で、私の個人年金が入ってくると、うん?とか年間130万越す? でも60才以上は年間180万だとか??が、 被保険者の 年収の1/2未満だとか。ここかーー。なるほど。
任意継続の加入手続き
相方さんは知ってるけど、この個人年金は、シートには反映されてない。次回、ちゃんと確認しよう。しまった、二度手間になるなーー。まあ、こうやって、制度あげて行かないといけないえあけです。
生命保険の見直しは、ちょっと行った。
が、医療保険のことを聞いてない。これも次回。 銀行のことも聞かないと行けないし。
次の会で、全部聞けるかな? 三回目以降は、有料だそうでーー。(個人負担ということ)
まだ、
まだ、あるかな?
こちらのプランナーさんは、「資産運用」は、基本勧めていないので(されてる方は、こういう相談に会社通しいらっしゃらない、ということ)、安心して、「地道」な、ノーリスク、ノーリターンの相談が、できます。
相方さんは、個人的に相続のことを、相談しようかとも(義母の)考えれてるらしい。

テーマ:家計簿 - ジャンル:ライフ


定年生活準備 -3- 1110 ライフプラン 相談

会社の紹介での、ライフプラン相談一回目終了。二回までは、格安というか、なんとかポイントを使って受けれる、とのことで、実質無料。
1時間が1時間30分ぐらい、相談に。
結局は、どれだけ、予想精度があげられるか、がキー。
今までのZaimをつけてきた苦労は、ここに反映される。
かといって、老後はどうするかは、自分たちで決めること。
会社の社会保険と国民健康保健の違いがわかりの--
この地域での、定年退職後の平均生活費は27万ぐらいで---
ただしこれには年間固定費、社会保険、税金は入っていない。これらで最低年間60万。
でも、これとは別に大型出費はあって、リフォーム(今回のリフォームとは別。多分、後はお風呂場) そして車。
そして、ホームに入ることを検討する場合は、さらにもっと財産が必要で--
「後、数年働かれる方がほとんどです。」
そりゃそうだ、一緒に設定してグラフ見れば、それに限るのだが--これは相方さんが決めること。
私ができるのは、「支出を減らす」ということ。
この相談の前にリフォーム決めて実行しててよかった。
この後だと「我慢しよう、ボロは着てても心は錦」
といっただろうな。 でもそれは痩せ我慢。
もう一度生活設計見直して、来月もう一度相談します。
やっぱり、年金生活、結構大変? 天引きで見えてないものが多かったから。
改めて、違う世界に入って行くこと、感じ始めてます。

テーマ:家計簿 - ジャンル:ライフ